フェアで注意すべきこと|二次会は幹事代行へお任せ!披露宴に関する悩みを解決

ブライダルフェアのすすめ

結婚披露宴を考えている人で、なかなか具体的なイメージが湧かないという方や、不安に感じている方も多いのではないでしょうか。そういった方はブライダルフェアへ行くことをお勧めします。それでは、ブライダルフェアへ行く際の注意点と魅力について知りましょう。

ブライダルフェアの注意点を知ろう

その場ですぐに契約しない

ブライダルフェアや式場の見学へ行くと、その場で契約を持ち込まれる可能性があります。今日中に契約を結ぶと安くしますといった甘い言葉に誘惑されないようにしましょう。人生で一度の結婚式ですので、一度家に持ち帰って慎重に検討しましょう。

装花などの飾り付けだけで判断しない

ブライダルフェアは盛大に行なう場合が多いです。装花や料理などによってかなり金額の差がでます。ブライダルフェアで使われている飾り付けなどが実際にいくらかかるのかを調べてみましょう。華やかさも大切ですが、中身が重要です。

見積もりで安心しない

ブライダルフェアで提示される見積もり額は、最低限の見積もり額である場合が多いです。その見積り額に、ドレス代などの追加費用がかかってしまうことを忘れてはいけません。見積もりで安心して、追加費用が予想外の出費にならないように注意しましょう。

アルコールに気を付けよう

ブライダルフェアの中には試食会が開催される場合が多いとされています。お酒の提供を行なう場合もあり、冷静な判断を失わないように注意する必要があります。飲酒する分にはいいのですが、トラブルを避けるためにも、飲んだら契約はしないと決めておきましょう。

何を優先するか決めよう

ブライダルに関して、新郎新婦によってそれぞれのこだわりがあるでしょう。料理にこだわりがあるのか、ドレスにこだわりがあるのか人それぞれです。ブライダルフェアによっても押している所が違うので、優先順位は明確にしておきましょう。

フェアで注意すべきこと

ウェディング

具体的なイメージが湧く

気になる結婚式場を見つけたら、ブライダルフェアに行くことをお勧めします。ブライダルフェアに行くことで、実際に式場の雰囲気を感じることができます。ホームページや雑誌などで見てもうまくイメージできない場合でも、具体的なイメージを湧かせることができるのです。

実際に見ることで不安解消

ブライダルフェアでは、プランナーと相談しながらテーブルコーディネートや料理試食、ドレス試着などを行なうことができます。結婚式について不安を感じている人でもブライダルフェアで不安を解消することができます。

都合を合わせやすい

また、ブライダルフェアは、日程を調整しやすいというメリットもあります。週末フェアや平日フェアと分けられている場合が多いですので、仕事でなかなか日程を調整できない方でも安心してブライダルフェアに行くことができます。